食べ物はソウルにおいて最も魅力ある要素の一つです。高級で格式の高い正餐から楽しく手ごろな価格の屋台まで満足感の高い料理を味わえるところは様々です。親しみあふれる食堂やレストランンで、韓国伝統食をはじめ西洋料理や無国籍料理など様々な料理を楽しめます。

韓国料理

韓国料理は新鮮で栄養豊かな材料を使用し、様々な味を作り出す魅力ある食べ物として世界の人々に愛されています。また、手ごろな価格でも韓国料理の魅力を充分に味わえ、24時間または夜遅くまで営業しているお店も多いため手軽に味わえます。


焼肉類

焼肉類

カルビやプルコギは最も伝統的であり、また人気の高い料理です。味わいはもちろん皆で食卓を囲み焼いて食べる楽しさに韓国を初めて訪れた外国人、何度も訪問する外国人を問わず病みつきになる人気料理です。塩だけで食べる生カルビ、漬け込んで下味をつけたカルビ、骨抜きのカルビなどバリエーションも豊富です。牛カルビだけでなく、豚カルビ、鶏カルビも人気です。

鍋・スープ類

鍋・スープ類

韓国の鍋(チゲ)やスープは、様々な具材を加えて煮立たせることで具の成分がスープに染みでる一方、スープのうまみも具に染み込み奥深い味わいが楽しめます。キムチチゲ、テンジャンチゲ(味噌鍋)、スンドゥブチゲ(辛口豆腐鍋)、参鶏湯、ソルロンタン(牛肉などを煮込んだ白濁色のスープ)、ヘムルタン(海鮮スープ)などが代表的です。

ご飯類

ご飯類

ご飯は、日本と同様に主食として「食事」の意味でも使われます。基本的には白米だけで食べますが、穀類などと一緒に炊いて食べることも一般的です。ビビンバ、サムバプ(葉野菜包みご飯)、ポックムバプ(炒飯)、キムバプ(韓国海苔巻き)、チュク(粥)などが人気です。

おかず類

おかず類

韓国ではご飯は様々な種類のおかずと一緒に食べます。最もよく知られているキムチは韓国の食卓では欠かせません。キムチは一般的に白菜や大根に薬味を混ぜて作ります。「辛い」食べ物にもかかわらず、世界的な健康食として脚光を浴びています。特にビタミンA、B、Cなどの栄養が豊富であり、 乳酸菌もヨーグルトよりも多く含まれています。

麺類

麺類

麺類の中でも、ククス(素麺・うどん)は食事の代わりとしてよく食べられています。手打ちククスからインスタントラーメンまで小麦粉、豆、米など様々な素材を使った味を楽しめます。特に高い人気を得ているのはカルククス(韓国うどん)、ネンミョン(韓国冷麺)、ラーメンなどです。

屋台

屋台

どの街でも見かけるのが、様々な種類の屋台です。少しお腹が空いた時、手軽に立ち寄って韓国の味を楽しめます。トッポギ(もちの甘辛煮)は、屋台の代表メニューです。定番メニューには、スンデ(豚の腸詰め)、タッコチ(韓国焼き鳥)、ティギム(天ぷら)、マンドゥ(餃子)、ホットク(韓国お焼き)、目玉焼きなどを挟んだトーストなどがあります。

世界の料理

ソウルは国際都市として、世界各国の料理を味わえます。ソウルで最も大きな多国籍地域の梨泰院観光エリア、COEXモール、鍾路、江南街などでは、様々な国のレストランが立ち並んでいます。ソウルでは、特にイタリアンレストラン、中華料理店、日本料理店が多くあります。